大学祭を終えて
2013 / 11 / 04 ( Mon )
 こんにちばんわ、一年後藤です。
2 (2)


10/31~11/3の期間中に千葉大学は大学祭を行っていたわけですが、
昨日遂に終え、感慨深いものがあります。
そこで、初めての大学祭を経験した感想を述べたいと思います。

まず、私はシフトの関係上、初日は正午から大学祭に参加したわけですが、驚いたことに、
結構閑散としていました。

しかし、最終日は違いました。
当日は校内が人であふれており、我々の店の方にも人が流れてきていました。
特に売れ行きが良くなったのは、閉店間際の半額タイムセールスの時間帯であり、
両商品ともに完売することができました。

最後に演武会のことを紹介いたしましょう。
最終日には我々は語らいの森広場で演武会を行い、日頃練習している技を披露しました。(一部を除く)

足の皮が何枚もむけるような(私の鍛錬不足のせい)足場の悪い場所の中でしたが、初めの1,2,3年生の型の披露はうまくいきました。

次に一年生の茶番寸劇が行われましたが、すぐ傍で行われていた軽音のコンサートのおかげで内容が聞き取られずに済みました。内容は後でブログを書いてくださる今井が書いてくれると思うので割愛します。因みに、お姫様役を演じた春秋(♂)のことをずっと脳内で「姫さん」と呼んでいました。(部内でのネタバレ防止のため)

すべての締めとして、板割、瓦割、コンクリート割が行われました。
実はこの私も瓦割を行いました。ので、私のことを中心に書きます。
ところで、この時の私は、一年生全員が成功するとは思っていませんでした。
そこで私が「華麗に成功させる・・・」という思いを秘め、張り切っていました・・・
というのは嘘で、私自身がかなり緊張していました。
「人前に出るの嫌だ」「失敗したくない」「人前に出るの嫌だ」「人前に出るの嫌だ」というふうにです。
結果的には成功しましたが、後ほど先輩が話してくださったところ、
「あのフォームで成功するとは思っていなかった」とのことでした。
つまり、無理やり力づくで割ったということでしょうか・・・・、そういうの得意ですけど…

というふうに、無事に演武会を終えることができました。
因みに、一番印象に残っているのは、橋本先輩が即興で実況中継を行っていたことです。

以上のような駄文失礼いたしました。最後は簡潔にまとめます。
大学祭は4日間ありましたが、大変充実した日々でした。
来年は我々1年生が中心となって運営していくことになるので、
今回のものに劣らないものを来年行います。
スポンサーサイト
16:34:57 | 一年生の視点 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

| ホーム | 次ページ