スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
"THE新歓合宿!~新しき仲間を迎えるために~"
2018 / 05 / 18 ( Fri )
も~いくつ寝ると 新歓合宿~♪
(いやっあと一回だわ(゜o゜)\(-_-))

改めてこんばんは 空手部2年の西川です!
というわけで遂にやって来ました明日から1泊2日で行われる空手部における一年生最初の合宿。その名も"新歓合宿!"(そのまま…)

今年は嬉しいことに男子4名 女子7名の計11名もの新入部員が入部してくれました👏👏👏👏

サークルの日から約1ヶ月半経って一年生も空手部のことを色々分かってきた頃かな~と思います。私もそうでしたし(あ~懐かしいな)

だがしかし!千葉大学空手部の魅力はこんなもんではないはず‼ということで明日からの新歓合宿を通してもっともっと空手部のことを知ってもらって、そして先輩や同期との絆も深めていけたらと思います。私も前日ながらやる気に満ち溢れております✨

やる気は新歓合宿でみせるとして、去年偉大なる高橋先輩が荷物準備の画像を挙げて下さったのがとても参考になったので私も挙げておこうかな(もう少し早く挙げるべきだったね、ごめんね🙏💦💦)

201805182321150e5.jpg


長くなりましたが一年生11名の皆、明日からの合宿楽しみつつ実のあるものになるよう一緒に頑張っていこう👊

最後まで読んで下さりありがとうございました❗
スポンサーサイト
23:33:38 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
一粒でn度美味しい空手部
2018 / 04 / 24 ( Tue )

お待たせしました。
3年の高橋です。一応今年の新歓担当でもあります。

ここまでこのブログやTwitter、パンフやリーフ、立て看板、演武会、
そして部員の口や道場の空気が、空手部の魅力を本当にたくさん語ってきました。

その甲斐もあり、空手部は現在時点で10名の新入生を迎えることが出来ました。
もちろん、空手部は随時新入部員を募集してます。
例年4月最終週、はたまた
5月に入ってから入部者がでることもあります。
そこの君もまだ遅くない。
ぜひとも下の記事も読んで、空手部の門をたたいてみてほしい。



さて前置きが長くなりました。
今回私が強調したい空手部の魅力。
それは、

「一粒でn度おいしい空手部」

昭和30年発売の「アーモンドグリコ」のキャッチフレーズ「一粒で二度おいしい」は大変有名で、
この製品も発売後から今日に至るまで国民に愛されている傑作です。

しかし、千葉大空手部はその上を行く。
以下では、n度の美味しさについて話します。


まあこの手の話で簡単に思い付くのは、
何も知らず新鮮な一年目、
後輩を持って、「先輩一年生」な二年生、
次期幹部として中核になる三年生、
幹部として部を率いる四年生、
そしてOBとして卒業後も関わり続けられる。
この五度のおいしさだね。
これでn=5。これは簡単だ。


なんだそんなことかと思うかもしれないけど、
空手部はものすごいしっかりした組織ってことだよ。
各学年に求められるものがあって、それを確実にクリアしていくようにすることで、誰でも確実に強くなる。

OBになっても、練習に顔を出したり、部内試合に出てみたりと、積極的に関わっていたくなるような、そんな場所ってことなんだと思う。



これで最低でも五度はおいしいのはわかってもらえたと思う。


でもね、僕が本当に言いたいnの値は5ではない。
nは、君の取り組み次第でいくらでも増やせることを知ってほしい。



空手部では、毎回毎回の練習や活動で新たな発見がある。
自分の、仲間の成長、上達がある。
それが実感できる環境がある。


出来なかったことがほんの少しでもできるようになるだけで、景色が全然違う。


出来るようになった分、まだ出来てないところが自分で目につくようになるからね。
(はじめはそんなの分からないかも知れないけど大丈夫。そんな時は先輩が教えてくれる。)
こんな風に、一つなにかをクリアしたら、もう一段レベルの高い課題と向き合うわけ。

だから、一見同じような練習をしていても、その中身は回を重ねるごとにどんどん質の良いものになっていく。

極端な例だけど、
蹴り技を一本出したら、
その次の一本は必ずもっといい蹴にしようと思って蹴る。その次ももっと、もっと。って感じ。


もう分かってきたと思うけど、
自分がやる気を傾ければ、傾ける分だけ、空手部はそれに応えてくれる。
nは、君のやる気次第でいくらでも大きくできる。


もしもやる気がなくなりかけたら、同じように頑張る先輩や同期、そして来年からは後輩を見ればまた前を向ける。

もしも何をどう頑張れば分からなくなったら、先輩が必ず導いてくれる。


繰り返すけども、
空手部は君がやればやるほど、それに確実に応えてくれる場所だ。

報われない努力など、させるつもりもない。

これほどやりがいのあるものが、他にあるだろうかと、僕は思っている。




君も一緒に、空手部を味わい尽くそう。




まずは試食だ。
武道場で待っている。


ここまで読んでくれてありがとう。
以上だ。



10:15:26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まるでフィクション
2018 / 04 / 20 ( Fri )

どうも。文献よりも漫画が大好き、文学部3年の渡邊です。

今回は私の推す、空手部の魅力のひとつをお伝えします。
...と、その前にそこの君にクエスチョン!

【問】『友情、努力、勝利』、何の三大原則?

さぁさぁ考えてください、お分かりですか?
正解は...


週刊少年ジャンプの三大原則(※pixiv百科より)でしたヽ(・∀・)ノ

(あ、さっさと本題の話しろよ?しますとも、この後!)

解説しますとジャンプ掲載作品はこの3つのうち最低ひとつを、その作品のテーマとして組み込むのが原則。
確かにジャンプ作品といえば、
・登場人物たちが深めていく友情
・目標に向けて真剣に努力
・それらが結実して掴む勝利

という、王道ストーリーが思い浮かびますよね。素直に感動できて、爽快でアツく、心を鷲掴みにされる。

そういうの、君は好きですか?

私は超めっちゃ大好きです。(語彙力)

で、そういうの好きなそこの君。朗報です。
『友情、努力、勝利』三拍子リアルに体現しているのが、空手部です。ほんとに。

空手部の魅力のひとつ。それは環境。
仲間がいて、堂々と勝利に向けて頑張れる、そんな環境。

頑張るって良いことなのに
(マジメに全力出すなんて恥ずかしい)みたいな雰囲気、経験無いですか。
本当はもっとできるのに。でも浮くのは嫌だし...。
私は高校以前、経験ありました。が、

断言します。
空手部では絶対にそんな経験はしません。

頑張ることを誰も笑わない。
仲間全員が全力で練習に打ち込んでいて、
仲間は同時にライバルとなり、互いに切磋琢磨して成長していく。
そしてその成長の結果勝利を掴んだときの
鳥肌が立つくらいの興奮、感動。

何だかフィクションの様かもしれないけど、空手部でならこんなことが本当に体験できてしまうのですよ。
こんなに純粋で恵まれた環境を、私は他に知らないです。

是非、心から、君にも空手部の
『友情、努力、勝利』を味わってほしい。
一緒に王道ストーリー(ノンフィクション)を歩もう。
部員達はいつでも、君の登場を待ってますよ。


さて大分長くなりましたね、失礼しました!
読んでくれた人ありがとう。
3年の渡邊でした( ´∀`)ノ

01:04:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
空手部という名の希望
2018 / 04 / 04 ( Wed )
皆さん、初めまして
新2年の西川 起(たつる)です。
(一発で私の名前を読めた方は+10ポイント差し上げます)

ということでまずは自己紹介からしていこうかな
園芸学部園芸学科に所属していて、高校時代はラグビー部で中学時代は科学部とまぁ一言で言えばヘンテコなやつです(  ̄- ̄)

じゃあ早速本題に行きましょうかね
今回は空手部がどんな感じで活動しているか私視点でお送りしていこうかと思います。少しお付き合いくださいね

空手部と言えば雰囲気の明るさと仲の良さが一番ですかね ちなみにこんな感じ



と、これは私達同期での写真ですがこんなにも現役だけでなくOBと親しいのは結構魅力的(*´-`)
もちろん、大会にも出場したり、合宿やマラソン大会や学祭での空手喫茶だったりのイベントも沢山ありますし、居心地がいいですね

最後に敢えて今回は空手経験がある人に向けて少し話をしようかな
うちの空手部は未経験者がほとんどですから経験者は結構貴重なんですよ(^.^)
私も結構空手やってた人なんで自分で言うのもなんなんですけどね笑
なんで、是非やってた人こそ空手部を一度見に来て欲しいな(来てくれたら僕はとても喜びます←) 
もちろん、大学で初めてって人も誰だって空手部は大歓迎ですよ
と、こんな感じで紹介してきた訳ですがやっぱり言葉で表しきれないとは自分でも分かっていたので、
ここは是非一度来て見てくださいね(百聞は一見に如かず的な)
「いやいやここは楽園か!?」ってツッコミ入れたくなる位歓迎しますんで(*^^*)

最後まで読んでくれてありがとうございました!

19:04:21 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人との出会いは…
2018 / 04 / 02 ( Mon )
みなさん、はじめまして!
新2年の村田智美(むらたともみ)です。
教育学部小学校社会科で勉強しています。
出身は宮崎県。
高校では演劇部に所属していました。

今回、私からはサークルの日の話をいたします!
といっても6日の告知とはまた別の話です、体験談です、すいません…(>_<)
まずは、サークルの日って何?という方にご説明。サークルの日とは各サークルが、新入生に入ってもらうためPRや勧誘を全力で行う日のことです。
千葉大学のサークルが一堂に会します、お祭りみたいで賑やかです。

1年前、私もサークルの日に大学へ足を運びました。
が、当時宮崎から千葉にやって来たばかりだったワタクシ。
人の多さや次々と手渡されるビラにビビり&疲れてしまい、目当てだった演劇サークルだけを訪ねてさっさと帰ってしまいました…。
あの頃の私にとってはさっさ帰ることがベストな選択でしたが、振り返ってみるともったいないことをしたなと(´ー`)

さて長々とお話ししてしまいましたが、今回私が新入生のみなさんに1番お伝えしたいこと。
それは「人との出会いを大切に、そして楽しんで!」ということです。
これはサークルだけではなく、学部やバイトなど、これからみなさんが飛び込む様々な所で大切にして欲しいです。
人と人との出会いは一期一会、袖振り合うも多生の縁といいます。
「こうして出会えたのも何かのご縁」と思って、自分に良い影響を与えてくれそうな人・環境に勇気を出して飛び込んでみましょう。
きっとそれが自分の大学生活を、その先の人生を豊かにしてくれる一部になるはずです!

私にとってはそれが千葉大学空手部でした。
本当にいい所だぞ、千葉大学空手部!
この魅力ばかりは実際に武道場に来てもらわないと伝えられません(>_<)
だから、今このブログを読んでいるあなた!
その他まだサークルを決めていない諸君!
一度でいいから空手部に来てみてください。
サークルの日や、通常練習で沢山の新入生に会えるのを楽しみにしています^ ^
06:17:24 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。